2020年9月5日土曜日

8月25日吉祥寺プラネットK ありがとうございました

 

こんにちは。青江です。

遅くなりましたが、8月25日の吉祥寺プラネットK

プラKソーシャル夏祭り「このご時世、ライブハウスも今後どうなっちゃうかわからないので後悔しないように『そうだ、バンドでライブやろう。』」

無事に楽しく終了しました。

ご来場の皆様、配信を視聴してくださった皆様、ありがとうございます。

力をすべて出し尽くし、あれからあまり頭が上手く働かない日々です(笑)


開催に向けての意気込みは先日このブログに書いたとおりですが

我々ユースムースアヴェニューは3月3日のライブ以来となる、4人編成での演奏でした。

本番の2、3日前に思い立って前説をやらせてもらったり

転換中に流す配信限定のドキュメントムービーを作ったり

アンコールでは下半身から金の蛇口を出したポリスに扮したり

と、かなりやりたい放題やらせてもらいました。

イベントタイトルに沿って言うなら、もう後悔はないです(笑)


対バンのフジタユウスケ君とはプラKで出会って、かれこれ15年近い付き合いですが

彼とでないとこういうイベントは出来なかったんじゃないかなと思います。

今回はこの日のために「we can」という曲も共作しましたが

長い付き合いもさることながら、音楽的に共有している部分が多いので

短期間での制作でも満足のいくものができたのだと思います。

ライブ配信に関してはユウスケ君の事務所の社長、タカタクさんに全面的にお願いしまして

おかげさまで何の心配もなく本番の演奏に集中することができました。


客席にはプラKの歴代店長も見に来てくれていて

ちょっと同窓会のようでもあり、吉祥寺プラネットKでの色々を思い出して

グッときましたですね。


繰り返しになってしまいますが、会場そして配信でご覧下さった皆様に

本当に感謝です。ありがとうございました!

詳細は伏せますが、平日のライブ企画としては平常時と同じくらいの

売り上げをプラKに渡せましたので、少しは助けになれてたらいいなと思います。


配信はまだアーカイブが9月8日まで見られるみたいですので、

滑り込み購入も大歓迎でございますよ。

https://twitcasting.tv/nineuplive1/shopcart/19651





ユースムースアヴェニューでまたバンド形態でライブをする予定は

いまのところ決まっていないのですが

今月ソロで弾き語りライブやります。


練馬FAMILY

FAMILY 3Days Event!!!
「FANTASTIC MELODY~1st day~」
17:30open/18:00start 
前売2,500円/当日3,000円(1drink別) 
出演:青江好祐/いしいひろき/ねこぜ・こーじ/カナダマサカズ/THE LED SNAIL 

※青江は19:45~弾き語りで出演予定です。


この日はお客さんをいれての通常ライブで、お店も営業ガイドラインを

発表してますのでご参照ください。

http://nerima-family.com/free/guideline


この練馬ファミリーは音楽仲間の川道君がやっているお店で

彼が以前やっていた「ひまわり広場で手をつなごう」にはしょっちゅう出演させてもらってお世話になりました。

気軽に会場に来てね、とはまだまだ言いづらい状況ですが

諸々ご都合よろしければぜひお越しください。

ご予約はaoesongs@yahoo.co.jpやTwitterの@aoesongsまでお気軽に。



2020年8月12日水曜日

8月25日にバンドでライブします


どうもこんばんは、青江でございます。

発表になりました、今月8月25日(火)に吉祥寺プラネットK(以下プラK)でライブをします!

久しぶりにバンド編成のユースムースアヴェニューで、しかもフジタユウスケ君と。


急遽決まった今回のイベント、どこから話せば良いだろうかと悩みましたが

このコロナ禍で我々がどんな活動をしていたか、この機会に振り返ってみても良いんじゃないかなということで

長くなりますが、どうかお付き合いくださいませ。


振り返ればバンド編成で最後にライブを行った日は3月3日。場所もプラKだったのですが

最初は4バンドでのイベント予定が、出演自粛が相次ぎ

蓋を開けてみれば僕らともう一つの2バンドでのイベントになってました。

あらら…と思いましたが、まあ状況的に仕方がないと思いましたし

「プラKもこれが長引くとやばいねえ、まあ僕らは声かけてくれたら普通に出るからまた誘ってよ」

なんてスタッフに言いながら、心配しつつ、しこたま飲んで帰ったわけです。


だんだんその辺りから色々と新型コロナについて詳しく報じられるようになり

世界中が大変だったわけですが音楽業界、特にライブ関係の人たちは大打撃

プラネットKもイベントがキャンセルになる事が増えてきていたようです。

そんな折、プラK統括ロンドンタナカ君がキャンセル日を自らワンマンライブで埋めると聞いたので、カメラ抱えて遊びに行きこんな動画を作りました。

今見ると、あの頃の現場の雰囲気を捕えていて、我ながら良い映像だと思います。


その3月末、31日くらいだったかな?

「4/4土曜日のイベントがキャンセルで飛んでしまいました。急だけど、音が鳴らない日を作りたくないのでユースムースで何かやってもらえませんか?」

とプラKから声をかけられました。

「声かけてくれたら普通にでるからまた誘ってよ」

とは言ったものの、1週間きってるじゃないか(笑)と大慌てで準備をしたのが

ユースムースアヴェニュー結成20周年記念ふたりアコースティックワンマン「星空のソーシャル・ディスタンス」



3月末くらいからどこもお客さんを入れてのライブは出来ない感じになりつつあったので、我々初の配信ライブになりました。

僕らは今年結成20周年だったので、懐かしい曲をたくさん引っ張り出しつつなんとか楽しくライブ終了。


その前から5、6、7月それぞれ自主企画イベント用にプラKを仮押さえしてたんですけど

「この状況は続きそうだなあ、まあ配信に切り替えればいいから僕らはキャンセルしないよ。7月くらいになれば、なんとかお客さんを入れられるようになってればいいねえ」

みたいな事を言いながら、しこたま飲んで帰ったわけです。



その頃、長年の付き合いの音楽友達フジタユウスケ君、その事務所社長のタカタクさんは

ysk music labo.」と名付けたプロジェクトで

内容はもちろん、より良い音や映像の追及をいち早く自主的に始めていて

青江もZOOMで配信ライブのあり方や今後について語り合ったり、labo.の無料配信に呼んでもらったりと、ユウスケチームと情報交換をするようになりました。


他にも友達やネットで得た情報をプラKに共有したり、自分でもツイキャスで配信をしてみたりとより実践に落とし込んでいく作業が始まりました。

そういったノウハウを僕らなりに活かしながら

5月には残念ながら中止になってしまった吉祥寺音楽祭吉音コンテストのアフターライブを


6月には友達のバンド、同じく20周年の「芥」の二人を迎えて



そして、「ysk music labo.」にて配信されたユウスケ君のバーズデーライブに

パリピ役として呼んでもらいはちゃめちゃな格好で出演し、沢山のはちゃめちゃな映像を提供したり





そして7月には再びプラKにて、ユウスケ君配信を引きずり前半まるっとお爺さんに扮して歌いつつ、元プラK店長福原さんとの思い出話インタビューをVTRで挟み込んだりしながら



まあつまりは、以前より忙しくしてました(笑)





はい、ここから今回のイベントの話です。お待たせしました。

そんな風に我々が忙しくしている間も、僕にはライブハウスを取り巻く状況は悪くなる一方に見えました。

実際に閉店のニュースもちらほら見かけるようになりましたね。

その一方で、色々気を付けながらのいわゆる「新しい生活様式」を取り入れた暮らしは

定着しつつあり、週末の吉祥寺はほとんど今年の2月と変らない人の多さになっていると感じています。

あ、政治的な話や今の社会にもの申したりするつもりはないのでご安心ください(笑)

僕も気を付けながらですが普通に外に出かけたり、飲みに行ったりします。


ただ


「事態が落ち着いたら、前みたいにライブハウスでお客さん入れて、バンドでやろうね」

というミュージシャンのささやかな願いが叶うのは、まだまだ先だなあ、

事態が落ち着いた頃、はたしてどれだけのライブハウスが生き残れているのだろうかと思う事が多くなりました。

で、先月末にプラKから

「ユースムースアヴェニューとフジタユウスケのツーマンバンドライブを観たい」

と、タカタクさんのブログの表現を借りるならば「強く要請を」頂いたわけです。


ユースムースアヴェニューのボーカルとして上京してはや16年

東京で初めて年越しカウントダウンライブをしたのはプラKでした

東京で初めて自主企画イベントを開催したのはプラKでした

東京で初めてバンド仲間ができたのはプラKでした

東京で初めてバンド解散ライブをしたのはプラKでした

東京で初めて女装して歌ったのはプラKでした

東京で初めてソロバンドワンマンライブをしたのはプラKでした

東京で初めてバンド復活ライブをしたのはプラKでした


そして、フジタユウスケ君がやっていたバンド「Ride On Baby」と

出会ったのもプラKでした

色々とイベントで共演したり

ユウスケ君のソロ初ライブを先輩面してニヤニヤ見たり

ユウスケ君のプラKワンマンライブでおもしろ前説をレギュラーで務めたり

見に行っただけなのに打ち上げで乾杯の音頭をとったり


こうやって書き出してみても、ユウスケチームとの、ちょっと驚くくらい沢山の思い出がプラKにはあります。


これは、もうこのタイミングだなということで

「事態が落ち着いたら、前みたいにライブハウスでお客さん入れて、バンドでやろうね」

というささやかな願いを、今できる精一杯の形で叶えさせて頂く事にしました。

さらにこの日ための楽曲をユウスケ君と制作中でして、

なんとか無事披露するためやり取りを重ねております。


色々ご意見や心配もあるかと思いますが、感染拡大防止を徹底しつつ

楽しんでもらえるイベントにしたいと思っています。

僕では言葉足らずな部分もあるかと思いますので、

今回も色々力を貸して頂いてるタカタクさんの

フジタユウスケ スタッフブログをぜひご一読ください。

チケットの発売は会場、オンラインともに8/13 12時より詳細にライブ詳細あるURLより受付します。

ではでは、何卒よろしくお願いします。


2020年8月25日(火)

プラKソーシャル夏祭り「このご時世、ライブハウスも今後どうなっちゃうかわからないので後悔しないように『そうだ、バンドでライブやろう。』」
場所:吉祥寺・プラネットK(会場限定動員及びツイキャスプレミア配信)
出演:フジタユウスケ / ユースムースアヴェニュー
時間:OP19:00 / ST19:30
価格:券種は2種類ございます。
会場チケット・前売4,000円(30名限定・1ドリンク別)
オンラインチケット・2,500円(各自ドリンク準備推奨)
予約:8/13 12時より、各チケット以下の方法にて予約開始。

会場チケット・前日までにこちらのフォームよりお申し込みください。(当日券はございません)お申し込みの際にご連絡先を記載していただく必要がございます。当日、体調の優れない方は御来場を御遠慮ください。また、会場で検温を実施します。マスクは必ずご着用ください。当日は物販販売はございますが、アーティスト達によるサインや握手などの対応はございませんのでご了承ください。
https://tiget.net/events/100639

オンラインチケット・以下のプレミア配信チケットを事前にご購入ください。お支払いは、クレジットカード、ネット銀行、ペイジー、コンビニ支払い、Amazon Payに対応しています。ライブは生放送のほか、放送終了後2週間視聴できます。
https://twitcasting.tv/nineuplive1/shopcart/19651

2020年3月21日土曜日

ロンドンタナカに密着しました(それと自分のライブ告知)


新型コロナ、えらいことになってますね。
先ほどブログに書いたように岡山ライブが延期になってしまいました。


主催者やライブハウスが中止にしない限りは、決まっているライブはやるつもりです。

しかし、自粛やキャンセルを選択せざるを得なかったライブハウス、イベンター、バンドマンなどなどを責める気持ちは全くないです。
仕方がないと思います。色々大変だもの。

そして日ごろライブに来てくれるお客さんも、自身の体調はもちろん
ご家族の事で心配になったりするのは無理もないことだと思います。
まずはご自身の健康を大事に、青江やユースムースのライブは落ち着いたらでいいですよ
という気持ちです。個人的に青江はそう思ってます。



で、吉祥寺プラネットKの話になるんですけど
僕がバンドやソロやら司会やらでいつもお世話になってるライブハウスですね。

そこで働いているロンドンタナカ、という友人がいるのですが
プラKの統括という、いまいちピンとこない(笑)役職名で
バンドのブッキングやイベント作りに日々奔走しているナイスガイです。

彼は「アラウンドザ天竺」という音の大きいバンドの
ボーカルもやってますので、プラネットKに出演している若手バンドマンには
頼れる先輩として、そして僕のような老いかけの人間には爽やかな後輩として、
今やなくてはならない存在です。

ちなみに、プラネットKにはゴー君という店長が別にいまして
彼もまた「THE GOD LIKE CHORD」という音の大きいバンドでギターを弾いている
ナイスガイです。

今はこの2トップ体制で、とても熱く爽やかに、いい感じにプラKで奮闘してます。
他のスタッフも優しい人たちばかりです。

最近の新型コロナの諸々でライブハウスは(というか業界問わず世界中が、ですが)どこも大変そうですが
青江が日ごろお世話になっている吉祥寺プラネットKも例外ではなく、色々自粛やキャンセルでライブイベントが無くなったり延期になったりしているみたいです。

そんなこんなで穴の空いてしまったプラネットKのスケジュールを
統括ロンドンタナカが自らワンマンライブで埋めるという話を聞きつけて
カメラ片手に密着してきました。

特に何かに結論を出そうとか、シリアスなものではないです。
友達が頑張ってたので、その記録です。
ギリギリ見やすい長さにまとめたつもりなので、見てもらえたら嬉しいです。



今日もあちこちの現場で沢山の人たちが身を削って今の状況に立ち向かわれていると思います。
僕に出来ることといえば、手洗いうがい…あとはお尻を拭くのを我慢するくらいですが
粛々と音楽を作ったりライブをしたりしていこうと思います。
何卒よろしくお願いします。



【次回青江ライブ】

2020年4月5日(日)

下北沢ERA
「ミュージックアワーGOLD」vol.2

開場 19:00  開演19:30
料金 2500円(1ドリンク代別)

出演
女たち feat.青江好祐
羅刹ガットウィズム
Karma.
齋藤キミヒサバンド





このイベント、主催のサイトウ君と飲んだ時に
「女たちで出てよー」
という話になり、たまたまそこにメンバーも何人かいたため
勢いで決まりました(笑)
2015年に青江が脱退して活動が止まったままだったので
今回はfeat.表記にしてます。ややこしくてすみません(笑)

ご予約、お問い合わせはaoesongs@yahoo.co.jpまでお気軽に
TwitterのaoesongsのほうにDMでも大丈夫です。
ご無理のない範囲で、よろしくお願いします。








4月2日の岡山ライブの公演延期について


お世話になっております、青江です。

先ほどTwitterなどなどで先にお知らせさせて頂きましたが
4月2日にユースムースの青江近藤二人で出演を
予定してました岡山の小麦cafeさんでのライブが延期になりました。

最近よく共演させてもらってるゼーゼーハーハーのボーカル、玉梶君に
声をかけてもらって決まったライブでしたが、
最近の新型コロナの感染拡大をうけて、小麦cafeさんのほうで安全面を考慮した結果
残念ながら今回は延期という判断になりました。

玉梶君、登山さんとの共演ももちろんですが
久々の故郷岡山でのライブだったので残念です。
楽しみにしてくれてた人には申し訳ないですが、小麦cafeさん側も苦渋の決断ですので
何卒ご理解いただけると幸いです。

僕は玉梶君づてに連絡をさせてもらってたのですが
またぜひこの3マンを!と思っていただいているそうですので
また日程が決まったらお知らせしますね。
よろしくお願いします。
早くこの事態が収まって、みんなが安心してライブを楽しめる日々が来ることを青江も祈っております。






今日はもう一個ブログ書きます。